お父さんのおべんとうばこ

 おとうさんがびょうきでなくなってから三年、ぼくは小学一年生になりました。

 おとうさんにほうこくがあります。きっとみてくれているとおもうけど、ぼくはおとうさんのおべんとうばこをかりました。

 ぼくは、きのうのことをおもいだすたびにむねがドキドキします。

 ぼくのおべんとうばことはしがあたって、すてきなおとがきこえました。きのうのおべんとうは、とくべつでした。まだ十じだというのに、おべんとうのことばかりかんがえてしまいました。

 なぜきのうのおべんとうがとくべつかというと、それはおとうさんのおべんとうばこをはじめてつかったからです。おとうさんがいなくなって、ぼくはとてもさみしくてかなしかったです。

 おとうさんのおしごとは、てんぷらやさんでした。おとうさんのあげたてんぷらはせかい一おいしかったです。ぼくがたべにいくと、いつもこっそり、ぼくだけにぼくの大すきなエビのてんぷらをたくさんあげてくれました。そんなとき、ぼくはなんだかぼくだけがとくべつなきがしてとてもうれしかったです。あれからたくさんたべて空手もがんばっているのでいままでつかっていたおべんとうばこではたりなくなってきました。

 「大きいおべんとうにしてほしい」

 とぼくがいうと、おかあさんがとだなのおくからおとうさんがいつもしごとのときにもっていっていたおべんとうばこを出してきてくれました。

 「ちょっとゆうくんには、大きすぎるけどたべれるかな」

 といいました。でもぼくはおとうさんのおべんとうばこをつかわせてもらうことになったのです。

 そしてあさからまちにまったおべんとうのじかん。ぼくはぜんぶたべることができました。たべたらなんだかおとうさんみたいに、つよくてやさしい人になれたきがして、おとうさんにあいたくなりました。いまおもいだしてもドキドキするくらいうれしくておいしいとくべつなおべんとうでした。

 もし、かみさまにおねがいができるなら、もういちどおとうさんと、おかあさんと、ぼくといもうととみんなでくらしたいです。でもおとうさんは、いつも空の上からぼくたちをみまもってくれています。

 おとうさんがいなくて、さみしいけれど、ぼくがかぞくの中で一人の男の子だから、おとうさんのかわりに、おかあさんといもうとをまもっていきます。おとうさんのおべんとうばこでしっかりごはんをたべて、もっともっとつよくて、やさしい男の子になります。

 おとうさん、おべんとうばこをかしてくれてありがとうございます。 (asahi.comより)

*****************************

 小学1年生の作文である。

 この作者と同じくらいの年頃、病弱だった自分は、闘病生活に加えてクラスメイトからのいじめもあり、辛くてしんどくて仕方がなかった。

 ある日、風呂に入っている母親に、窓越しに、泣きながら話しかけていた。

 「おかあさん、ぼく、しにたいよ。。。。。。おかあさん、かなしい?、ねえ、かなしい?。。。」

 暫くすると母親のすすり泣く声が聞こえてきた。

 「かなしい?。。。」

 泣きながら母親は返事をしてくれた。

 「うん、悲しいよ」

 なんだか涙が止まらなかった。

 安心したのか、嬉しかったのか、よく分からない。

 でも、泣きながら、少し、ほっとしていたような気持ちを覚えている。

 この、小さな子供の作文を読んで、小さな頃の自分を思い出している。
[PR]
by horizone | 2010-12-04 21:59 | 趣味・家族


<< 歳月 学会報告 feat.吉幾三 >>